サイズ直し等の結婚指輪のメンテナンスや保証があるショップ

プラチナとダイヤがメイン

リング

安いダイヤに気をつける

意中の人にプロポーズで渡す婚約指輪は、昔も今も中石と呼ばれるセンターストーンはダイヤモンドが圧倒的に人気を集めています。価格の面では非常に高価なため値段がどうしても気になりがちですが、あまり安いダイヤモンドを選ぶのは得策ではありません。価格が安いダイヤモンドは、品質の面で劣る場合がほとんどです。重さであるカラットが十分であっても、透明度のクラリティの評価が低いといった事があるので要注意です。また偽物にも気をつける必要があります。加工技術が上がったことで、最近はジルコニアなどのダイヤモンドに見た目は非常に酷似している石も複数あります。本物の天然ダイヤモンドが使われているか、鑑別書をチェックしたり、信頼の置ける宝石店での購入を心掛けるように注意しておきます。

結婚の約束を誓うアイテム

男性が女性に結婚の約束をした際に渡す指輪が婚約指輪です。その特徴として、メインストーンには、固い絆と純愛の象徴であるダイヤモンドをあしらうのが一般的です。さらにリングには美しい装飾を施し、場合によってはプロミスダイヤと呼ばれるカラーダイヤをリングの内側に入れることもあります。リングはプラチナを素材とすることが多く、その純度はPt1000、Pt950、そしてPt900の3つから選ぶことがほとんどです。Pt1000は純度がほぼ100%のプラチナですが柔らかいため、婚約指輪を保護するためにPt950かPt900を通常は選びます。指輪の中でも婚約指輪はオーダーメイドによって時間を掛けて作ることが多く、様々な趣向を凝らしたデザインが可能です。